お役立ち情報

相続人は幕張に住んでいるが、被相続人が幕張にお住まいでない場合

 相続人の方が幕張にお住まいでも、被相続人の住所が幕張ではない場合は、注意が必要です。  

 被相続人の最後の住所地を管轄する家庭裁判所で、相続放棄の手続きをしなければならないためです。

 被相続人が幕張から遠く離れた場所に住んでいた場合は、遠方の裁判所で手続きをすることになります。

 ほかにも注意点があります。

 被相続人の住所も本籍地も遠方である場合、戸籍謄本類の取得も、郵送で行う必要があります。

 郵送で戸籍謄本類を取得する場合は、自治体ごとの請求書を書かなければならないうえ、定額小為替などのなじみのない書類を使用する必要があります。

 このような場合、戸籍謄本類を職務上請求によって取得することができる弁護士に依頼する方が良いこともあります。

PageTop